Bio

Click here for English.

 

「彼は、手にすることのできないデリシャスな雰囲気と共に、自分の空で踊る」-Oberon’s Groveより、アメリカ・ニューヨーク

Hiroshi497_cropped copy photo by Nicholas Ursa

宮本博

コンテンポラリーダンサー・コレオグラファー・インストラクター、また日本では数少ない男性インド舞踊家(バラタナティヤム)でもある。

東京都出身。法政大学法学部卒業後、1994年にカナダに渡る。バンクーバーのMain Dance Society(1995-1997)、ニューヨークの the Merce Cunningham Studio(1998-2000)でモダン・コンテンポラリーダンスを学ぶ。インド舞踊(バラタナティヤム)は、トロントのダンスカンパニーinDANCEのHari Krishnan(2003-2013)、山元彩子(2014-現在)より、日本舞踊はトロントのTak Maejima(2001-2013)に師事する。長年トロントを中心に活動し、2013年夏に拠点を東京に移す。様々な振付師の作品で、また自作のものも含め、北米はもとより世界各地での公演経験がある。 ニューデリーのダンサーNovtej Joharとコラボレーションした作品、Mango Cherry Mixは、タイム・アウトマガジンのニューデリー版で、2009年のBest 3の中の一つとして選ばれている。2003年から2013年まで、inDANCEのカンパニーメンバー兼リハーサルディレクターとして活動し、ここでバラタナティヤムとコンテンポラリーの両作品に多数出演する。またトロントでは、日本人ダンサーを集めて作られたGreen Tea Collective(2004-2011)や、男性ダンサーだけのグループ3M Dances(2003-2006)のメンバーとして、公演の立ち上げにもかかわっている。フリーランスダンサーとしては、Peter Chin, Emily Chung, Maxine Heppner, Yvonne Ng, Louis Laberge-Cote, 長内真理等、多くの振付師の作品に出演する。

長年のヨガとダンスの経験から、ユニークなスタイルのヨガを教えるインストラクター・ボディーワーカーでもある。1996年にマサチューセッツ州のKripalu Center for Yoga and Healthにて、ボディーワークのサーティフィケートを、2012年にはバンコクにて、ルーシーダットン(タイバージョンのヨガ)のティーチャーズサーティフィケートを取得。様々なテクニックを用い、肉体との会話を続けている。



“He moves in his own sphere, with a delicious air of the unattainable”- Oberon’s Grove, NY, USA

Hitotsubatago

Hiroshi Miyamoto 

Hiroshi is a Tokyo-based contemporary dancer, choreographer, instructor and one of the few male Bharatanatyam (Indian classical) dancer in Japan .

After completing his bachelor of law degree in Tokyo, he moved to Canada to study dance in 1994. He studied modern & contemporary dance at Main Dance Society(1995-1997) in Vancouver, Canada and at Merce Cunnigham(1998-2000) Studio in New York, USA. He has trained Bharatanatyam with Hari Krishnan / inDANCE (2003-2013) in Toronto and Saiko Yamamoto (2013-current). He also had Nihon Buyo(Japanese traditional dance) training under the direction of Tak Maejima(2001-2013) in Toronto.
He has performed nationally and internationally in the numerous choreographies in diverse styles including in his own choreographies to great acclaim. His first full length contemporary dance work “Mango Cherry Mix” in collaboration with Navtej Johar has been chosen as one of the three best dance works of 2009 by Timeout, New Delhi. He was a company member and rehearsal director of inDANCE from 2003 to 2013. He was also one of the founder of Green Tea-a collective of Japanese dancers in Toronto(2004-2011) and a collective member of 3M Dances(2003-2006).  As a freelance dancer, he has worked with Peter Chin, Emily Chung, Maxine Heppner, Yvonne Ng, Louis Laberge-Cote, Mari Osanai to name a few. He relocated his base to Tokyo, Japan from Canada in summer 2013.

He is also a Hatha yoga & Rue sri datton(Thai yoga) instructor. For more info about his dance & yoga classes/workshops in English, please send your inquiry here.

photo credit: Nicholas Ursa(above), Takaya Kawamura(below)

 

宮本博のホームページ。日本ではまだ数少ない男性インド舞踊家&コンテンポラリーダンスアーティスト・インストラクター。One of the few male dance artists in Japan who can cross over between contemporary dance and Bharatanatyam (Indian classical dance).

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。